/>                        <div align= />                        <div align= />                        <div align=
/>                        <div align=
/>                        <div align=
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご挨拶

高山商事株式会社は創業以来、栃木県野州特産の箒と日本の一大産地でもある野州精麻の販売を中心に、荒物雑貨、清掃用品のメーカーとして、業界の厚い信頼を集めてまいりました。
特に精麻、そしてその副産物である麻がら(おがら)は日本古来の神事には欠かせない栃木県の大切な産業です。
その麻の取り扱いと神事産業の豊富な経験を生かして、今日お盆用品、正月飾りを中心に展開し、日本の古き良き伝統を守りながらも時代のライフスタイルに合わせ、よりよい商品の企画提供はもちろんのこと、幅広いサービスの開拓、開発、提案を通して少しでもお客様のお役に立てるよう、社員一丸となって日々努力を重ねております。
伝統や風習は時代と共に変わってゆくものです。しかし私たちはその流れの中に立って時代の変化に合わせていくだけでなく、新たな伝統の流れを作り上げる源泉となれるよう、商品を通して社会に貢献する事を目指していきたいと思っております。
 
代表取締役
髙山 正浩
 
会社概要
会社名:高山商事株式会社
所在地:〒321-0211
    栃木県下都賀郡壬生町国谷2033-1      
電話:0282-82-0045
FAX:0282-82-1581
設立:1956年7月17日
資本金:50,000,000円
事業内容:座敷箒、竹箒、熊手及び清掃用品
     野州精麻、お盆用品、正月用品などの製造卸
代表者:代表取締役 髙山 正浩
 
 
 
会社沿革
1946年 1月:初代社長髙山正十郎が栃木県下都賀郡壬生町にてロープ小売業を始める。
1950年 1月:高山商店として麻、ロープ、石灰の本格的な事業を展開。
1956年 7月:高山商事株式会社に組織変更
1976年 1月:壬生町中央町に本社移転。
1981年 4月:台湾との貿易取引を開始。
1983年 1月:タイとの貿易取引を開始。
1985年 5月:第一倉庫・配送センター完成。
           中国との貿易取引を開始。
1987年 3月:竹箒作業所完成。
1988年 2月:お盆用品の製造販売開始。
1989年10月:代表取締役に髙山慰浩就任。
1992年 4月:第三倉庫完成。(現本社倉庫)
1994年10月:第二倉庫完成。
1995年 4月:第三倉庫・第二棟完成。
2000年 3月:第三倉庫・第三棟完成。
           第三倉庫敷地内に新社屋完成。
           同敷地内に本社配送センター完成。
2000年 4月:現在地に本社移転。
           本社配送センター稼働。
2001年 8月:正月飾り製造販売開始。
           独自商品お盆飾り「心まち真菰」の意匠登録認定。
2007年 5月:代表取締役に髙山正浩就任。
2011年 6月:全日本宗教用具協同組合に加盟。
2013年11月:本社配送センターに軽作業・ピッキング作業場完成。
2014年 4月:第四倉庫稼働開始。
 
     
 
会社地図
 
     
Copyright©TAKAYAMASHOJI.CO,LTD All Rights Reserved.