お盆の迎え方 お盆の準備 新盆とは 初盆とは お盆の飾り付け  
   
   
  厳粛に行えば準備する事も多く、必要とするお盆用品やお供え物も様々ですが、何よりも大切なのが、今日自分がここに在る事を御先祖様に感謝し、親しかった大切な故人を偲ぶ心です。  
  年に一度きりの大切な日ですから、出来る事から行ってみてはいかがでしょう。  
     
   
     
  まずお盆の月に入ったら菩提寺(先祖代々のお墓のあるお寺)赴いてお盆中日に読経して貰う棚経のご依頼をします。棚経の棚は盆棚・精霊棚を指します。  
  お盆を迎える為に各地方風習に合わせてお盆用品、お盆飾り、お供え物を準備します。  
     
  盆棚・精霊棚を作ります  
  お盆の時に準備するお供え物や仏具、お盆飾りを供える棚で、お盆期間中仏壇からお位牌を取り出し、仏壇の扉は閉めてお位牌を盆棚に移して祀ります。仏壇の前に置いて飾る盆棚の場合は、お位牌はそのまま仏壇に並べておきます。  
  盆棚の上にはお位牌、仏具のほかに真菰の敷物、牛と馬の飾り物(精霊馬)蓮の葉、盆花などを置いてお供え物を供え、盆棚に竹笹を備えて真菰縄を渡し、ほおずき、昆布、わかめ、そうめんなどを吊るして飾ります。  
     
  迎え火  
  13日の迎え盆は出来れば早めの時間にお墓参りに行き、お花やお線香を供え、迎え火を焚いて御先祖様をお迎えしましょう。(地域によっては日中、夕刻にお参りに行ったり、迎え火・送り火も玄関口で行ったりもします)  
  お墓で迎え火用の提灯に火を灯して家までご先祖様の御霊を導く地域もあります。  
  お盆期間中は霊供膳のお水と食べ物は毎日替え、お団子やそうめん、水の子と言われるお供え物を蓮の葉に盛って供えます。  
 

 

 
  送り火  
  16日の送り盆はお迎えしたご先祖様をお見送りする日です。午後になったら盆棚をしまい、お墓でお送りする場合はお墓を片付けて、夕刻迎え火を焚いた場所で今度は送り火を焚きご先祖様をお送りしましょう。  
  この日、全国各地では送り火の意味を込めて真菰敷物を舟型に丸めお供え物と一緒に海や川に流したり、精霊流し、灯篭流しが行われます。  
  有名な京都の大文字も送り火の一つです。  
     
   
  お盆を迎えるにあたって充分な心構えをしておきたいのが初盆です。  
  初盆(はつぼん)はういぼんとも呼ばれ、また地方によっては新盆(しんぼん・にいぼん・あらぼん)などと呼ばれています。  
     
  初盆は亡くなられた方の四十九日法要が終わった後に初めて迎えるお盆の事を指します。  
  初盆の時には普段のお盆と違い、より華やかに盆棚を飾り付け、親族や故人とゆかりのある方を招き、丁重に供養するのが慣わしとなっております。  
     
  初盆の提灯は絵柄のない白い提灯を使用しますが、特別な提灯を用いる地域もあり、近年絵入りの華やかな提灯を用いる地域も増えてきています。  
     
   
     
  送り火・迎え火など基本的な流れは普段迎えるお盆と大きく変わりませんが、初盆では準備しなければならない事も多いので、準備し忘れる事が無い様に丁寧に行っていきましょう。  
     
  初盆の準備  
  初盆の場合は早めに(1ケ月以上前)菩提寺へ棚経のご依頼をしておきましょう。また、親族、故人の知人や友人への案内状の準備をして、併せて訪問客へ返礼品の準備や初盆用の提灯の準備をしておきましょう。  
  地域によって初盆の迎え方、訪問客への対応も変わってきますので、初盆の準備で分からない事があれば菩提寺の僧侶にご相談するのも良いでしょう。  
     
     
  初盆の流れ(14日・15日 盆中日)  
  初盆の時は招く方も、招かれる方も喪服を着る事が望ましいですが、真夏の暑い時期でもありますので、地味な平服であれば構いません。  
     
  訪問客が来られた際のご挨拶は「本日はお暑い中、当家(故人)の為に御足労頂きありがとうございます」「お忙しい中お越しいただきありがとうございます」などとお伝えすると良いでしょう。  
  それに対し、招かれた方のご挨拶としては「本日はお盆供養にお招き頂きありがとうございます」といった言葉をお伝えしましょう。  
     
  訪問客側は訪問する際には盆提灯または御提灯代(御提灯料)、香典やお供え物を持参します。  
  挨拶を済ませた後、お仏壇に案内してお線香をあげて頂きます。  
     
  招いた僧侶に読経をして頂き法要をとりおこなって頂きます。その後、訪問客にお食事を振る舞い、会食をしながら故人を偲んで頂きましょう。  
  (現在は住宅事情からお寺で法要を行い、その後料亭などで参列者に食事をふるまう事も多くなってきています)  
     
  施主は訪問客が帰られる際には御提灯代(御提灯料)または香典やお供え物などへの返礼品をお渡ししましょう。  
     
  16日 送り盆  
  初盆で使用した白提灯は送り火の時に燃やすか菩提寺に納めます。  
     
     
     
| トップ | 会社紹介 | お盆飾り | 正月飾り | 精麻 | 箒、竹箒 | お問い合わせ | 個人情報のお取り扱いについて |
Copyright©TAKAYAMASHOJI.CO,LTD All Rights Reserved.